スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
2ndステージ!!
えーこれまでは空想の話を描いてきましたが今日からは気分一新2ndステージへ突入したいと思います。



・・・・



でわ・・・・






コメントに 愛しき君へ さんあなた私とHしたいのですか?



。。。







ふふふふ・・・







そうとうの物好きね。





あなたMなんでしょうね・・・




私はMの男としかやらないわよ・・・








じゃあ、じっくり考えていきましょうか・・・





まず私の足の裏を臭いなさい。



そして私があなたの顔を足でふんであげる・・・



どう??楽しそうでしょう・・・




そしてハエ叩きであなたのお宝を幾度となく叩いてあげる・・・



さらに思いいっきり蹴ってあげるわ・・・




そしてあなたが倒れこんでいるときに私のおしっこをぶっかけてあげるわ!!






そしてフィニッシュよ!!





あなたの顔にうんこぶっこいてあげる・・・




あとは好きにするがいいわ・・・・












どうだったぁ・・・
スポンサーサイト
【2007/05/02 19:39 】 | 未分類 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
シナリオ完了そして・・・サヨウナラ
警察が動き出しました・・・・



でも私は死にます・・・



警察がもう何をしたって無駄・・・





私がもし・・・生まれ変われるのらもっと華やかな人生を送りたい・・




私のようになってはいけない・・・・





私は死にます・・




いままでありがとう。



そしてこれが最後の言葉・・・




















































































・・・

















今までのこと全部ウソだよ!!
【2007/05/01 10:31 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(1) | page top↑
LAST OF THE GAME!!
<私は今日最後の強敵・・・



父に勝負を挑みました・・・。


父が最後なので、私は抹殺したあと自分も死ぬ気でいました・・・







・・・・





今日の午後3時私は父の部屋にナイフを両手に持ち堂々と進入した。

・・・


「ど、どうしたんだ!!いちか。・・・」


「・・・妹も・・・お母さんも・・・おばあちゃんも・・・
私が殺したの・・・」



・・・・・・





「・・・そうかやはりお前は俺達がお前を殺そうとしてることを知ってたのか。」

「当たり前じゃない!!」

「で、今日はオレ殺すつもりか??」


・・・


「そうよ・・・あなたをやったあと私も死ぬわ・・・」


そして私はナイフで父に襲い掛かった!

「てぃあ!てぃえぇーい!!」

「甘い!!」



父は胸にかけていた小型の剣で私の二刀流を払った・・


そこへ父は私の手に小型の剣で攻撃してきた。

私のナイフはすぐさま部屋の後方に弾き飛ばされた・・・



「く!!強い。」

「オレを・・・・ころそうなんて・・・・甘く見るんじゃねぇーー!!

父は裏返った声でそう叫び私の腹を連続に刺してきた。



グショ!グショ!グショ!グショ!グショ!グショ!・・・



「うううぅぅ・・」


私の腹は血に染まった・・・


「はぁ、はぁ・・・どうだ・・・いちかもうお前のまけだ・・・」


















「・・・私は・・・私は・・・負けない・・うおおおぉぉー!!


「な、なんだこのオーラは!!」




「だれが・・・負けるって・・・」


「く!」


私は無意識に動く体をコントロールできずにいた・・・


「あちゃちゃちゃちゃちゃーーー!!!」

私は武道で父に立ち向かった。


「ぐはぁっ!」


「終わりよ・・・必殺・・・・・・・いちか流刃ドウケン!!


しゅぱぱぱぱぱしゅしゅぱぱぱっ!!


「ぐはぁっーーーー!!!!!!」


・・・































「お前はもう死んでいる・・・」


「な、何・・・う・・うぇ・・・うえええぇぇー!



・・・







やった・・・






もう・・・敵はいない・・・




今日私はうれしさのあまり死ねなかった・・・

今日だけは。。・・・





私のシナリオは99%完了した・・・


あとは自分がしぬだけ・・・









【2007/04/28 22:00 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
3rdターゲット
・・・


昨日は・・・・




こないだの事件のせいで、親戚や知人が大勢きたせいで計画を実行できませんでした・・・






邪魔された・・・






ま、いい。



さて今日もやりました。







3rdターゲットはお母さん。








一度はおはぎで私の口を血に染めた女・・・








許せない!!








私はきょうの朝お母さんを自分の部屋に呼び出しました・・・




そしてわざと棚の一番上にぬいぐるみをおいておかあさんにとってとお願いしました。



私背が小さいので。イスをつかっておきました・・・




お母さんはめんどくさそうに「イスをつかえばいいじゃない。」

と冷たく言いました。


私は
「あ、そかきずかなっかた。でもせっかくだしとって。・・・」



とごまかした

お母さんは背伸びして取り掛かりました・・・




とりにくくするために棚の奥のほうにおいといたので、苦戦してました



そして・・・
















私は机の中にあったペンでお母さんに襲いかかり、背中を闇雲にさして、さして、刺しまくりました。



うわぁぁああー!!!



お母さんの背中は血が多量出血しました。




お母さんはそのばに座り込み

「うぅう。何するの・・・」

「知ってるのよ・・・お前たちが・・・わたしを、・・・私を殺そうとしてることを!!でも、私は思い通りに殺せない・・・甘く見すぎたわね・・・」


「ま、まさか、」


「そのまさかよ。妹もおばあちゃんも・・・私が殺ったのよ!こんなことしたくなかった・・・私をここまで追い詰めたのはお前たちだ・・・」




「まって、いちか。お願い・・・そんなこともう思わないから・・・許して・・・お願い。」


「いつも・・・いつも・・・そうだった。自分の都合が悪くなった時だけそうやって気をひいて逃げる・・・もう、・・・何度も・・・今回はもうその手にのらない・・・・・・・・・・・殺す・・・」

「やめて・・・いちか・・・」



私はお母さんの手をペンでさし、動けないように神経を麻痺させました。



そしてお母さんのアゴをつかんで上に向けました・・・






終わりよ・・・死ねえ。!!


グチョ!




喉にペンを刺しました。



血がきれいに飛び散りました・・・





やった・・・




またやった・・・






後残るは、・・・






1人だけ








私のシナリオは80%完了した・・・・




【2007/04/27 20:47 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
2ndターゲット
昨日の深夜1時27分妹の亡骸が発見されました。

家族はわめき泣きました。

いい気味だった・・・



苦しめ・・


私はそう思いながら心の中で微笑みました。




そして・・・



今日もやりました。


2ndターゲットは・・・














おばあちゃん






まず私は
「お持ち食べよ。」


と元気よく振舞っておばあちゃんの部屋に入りました。



おばあちゃんは私を無視して、お餅だけ食べました。


・・・







「死ね・・・」



おばあちゃんはお餅を1口ほうばった瞬間でした・・・



うええぇ







・・・



ふふふふふhhhっふふうふふふふ





私はお餅の中に死んだゴキブリ、バッタ、6匹のアリを入れておいたのです。



・・・



おばあちゃんハきました。



おばあちゃんが苦しんでいる瞬間に私は隠し持っていた、灰皿を取り出し、

こないだのお返しだぁ!!



といい後頭部を強打しました。


「ずしっ!!」





・・・




ふふふふふ




成功だ・・・



またやった。・・・





2人目・・・









だが私をここまで追い詰めたのは家族・・・



お前らだ!!





もう私はだれにも止められない・・・






・・・


【2007/04/25 20:14 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。