FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
サヨウナラ。妹・・・
今日ついにやりました。


妹がお風呂に入ろうとしていたときでした・・・




私は試しがてらに妹を第1ターゲットにしました。



このときの感じはなんとも言えない緊張感と優越感で身震いしかしませんでした。






不不・・・



妹が風呂に入る瞬間でした。





風呂の戸の ギシッ! という音を合図に、私は妹に襲い掛かりました!






まず、妹の顔面をなぐってなぐってなぐりまくりました!!



おらおらおらぁあー!!




妹の顔面は地に染まりました・・・





妹は意識不明となりました。



・・・






そして私は洗濯機の中に妹を突っ込んでスイッチを入れました。



「ウイィーンー」





洗濯機はハイスピードで回りました。






私は10分程度洗濯機を回した後、スイッチを止めました。



そしてドキドキしながら洗濯機のフタをあけました。



「パカっ。」





・・・すると





うわぁぁぁー






妹は生きていた!!




私はすぐさまフタをしめスイッチオン!




30分回しました。
・・・





フタをあけました。



妹は完璧に死んでいました。




「ふふふ・・・」






今私の家では、妹をさがしています。


だれも洗濯機の中で帰らぬヒトとなっているなんて、だれも想像できないでしょ。



・・・







私を覚醒させるとこういう事になるのよ・・・





あ。そういえば

コメント見ました。

私を愛してくれてるあなた・・・




ありがとう・・・



ほんとに。勇気ずけられました。


私もあなたがそっとそばにいてくれてる気がしてます。


精一杯の愛をこめて・・・



















I love you .














【2007/04/24 20:45 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
頭なぐられた
私が2日間ブログを更新できなっかたのは、意識不明の怪我を負ったからです。




軽傷でしたけど、・・・




そう、私は殺されかけた・・・






そう、あいつらに・・・





入院中ベットで寝ているときでした。


・・・


お見舞いにだれかがやってきた。



おばあちゃんだ。



私はいやな予感がした。

・・・




私は言った。

「何しに来たの。・・・」


おばあちゃんはこういった。
「何を不機嫌そうに。お見舞いにきてやったんよ。」


たんでないわ!!帰って


・・・




1瞬の時間が過ぎた後、おばあちゃんはカバンからなにかを取り出した・・・


灰皿だった・。



「何するつもり。・・・タバコなんておばあちゃん吸わないでしょ。」


「タバコをすい始めたんだよ。人生1度はすってみたかったのよ。ふふ。」




・・・・



死ねえぇい!!!




ズシ!




私は灰皿で後頭部をなぐられたのだ。


そこからの記憶はない。
・・・





先生によると様子見の看護婦さんがきて、緊急で手当てをしたらしい。



打ち所がよかったのが不幸中の幸いだった・・・・




先手を打たれた・・・



私の中に家族を殺そうとためらっていた、なにかが消えた・・・




・・・




殺す。



殺す。



殺す。



殺す。



殺してやる。




もう私もそんなに長くない。



いっそのこと私を苦しめたヤツを殺し、

自分も自殺する。







殺してやる・・・
【2007/04/23 17:24 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
私は戦う。・・・
今日も午前中だけ、外出が許されました。

帰ったら、お母さんが優しく、おはぎを用意していてくれました。
「おいしいよ。たべな。」

と声をかけてくれました。

私はそのときあの時の殺す話はやっぱり、ちがうもだったんだと、その時思いました。





・・・






そのときだけ・・・





私はおはぎを口にふくみかんだ。


・・・



イタ!!



おはぎの中に4本もの針が入ってました。


私は痛みのあまり、泣きました。・・・




「・・・」


お母さんはだまって台所に行きました。

私はお母さんに言いました。




「わたしを・・・殺そうと思ってるの・・・」


お母さんは即答えました。



「あなたの存在が迷惑なのよ。」


私は血の出る口を大きく広げ、お母さんに泣きわめきました。



やめてー!!どうして、どうしてー!!」と












お母さんはだまったままでした。



午前中私は、そのときの会話以外、だれとも口をキキマセンデシタ。




お父さん、おばあちゃん。



・・・・



しゃべりかけてほしかった。


・・・・





でも、・・・

でも。








もう私は見放され、命を狙われる立場となった。





私は決意した。



・・・















戦うことを。
【2007/04/20 21:26 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
殺される・・・
今日わたしは午前中だけ病院から外出をゆるされ、家に帰りました。



・・・


帰っても家族の雰囲気がなんだか、冷たい・・・




私は昼ごはんをたべて、部屋に行きました。
ホンとはもっとごちそうが食べれると思ったのに・・・




チョットまして私は家族のいる、居間へ行きました。



・・・・



なんだか小さな声が聞こえた・・・



私はこっそりきいてみた・・・






「あの子の治療費もう、払えないわよ。」

「そうだな、もうお金の限界だ。」

「「植物人間保管施設」なんか病院の先生が紹介するから・・・」

「適合者が見つかったらどうするんだ!!」

「そうなる前に殺しといたほうがいいんじゃない?」

「かわいそうだが、・・・」





・・・






私はその場を走って外へ出た



・・・





涙が出てきた。




みんなが、・・・




・・・・みんなが私を裏切っていく・・・



どうして・・・





もう。



もう、苦しめないで。





・・・



























やめてーーー!!!!!





【2007/04/18 17:28 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
私の友達たち。・・・
060916_1823~01.jpg

ようこです。(左)私と同じくブスです。

勉強はできない、運動はできないただのあほです。




Image048.jpg


害児です。




私の友達はこれだけです。


でも、なんだかんだ言っても私を励ましてくれる。友です。





私があの世へいったときは、葬式にきてくれるかな??・・・




来てくれるよね。



きっと・・・




愛してるから・・・




友達だから・・・・






決してサビない友情を私は信じてる。








































ありがとう。
【2007/04/17 20:48 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。